当サイトの趣旨

「昔は良く釣れたんだけど」と今までなんど聞いて来ただろうか?

この言葉は皆さんも一度や二度に留まらず数多く聞いて来たはずである。

長い間、釣りを趣味に楽しんで来た私に少し前から一つの疑問が生まれた。
これから釣りを始めようとしている子供達に私もまた、

「昔は良く釣れたんだけど」と言うのだろうか?

そして又、私達の子供もその子供達に「昔は良く釣れたんだけど」と言い続けて行くのだろうか…

古来日本は魚を捕獲し食料にしてきた風習がある。それを今更理由づけて批判するつもりは毛頭無い。
しかし、無駄に尊い命を奪う行為を食物連鎖の頂点に立つ私たちが取り続けたらどうなってしまうだろうか…

釣りと言う人間の遊びに付き合ってくれた魚達に敬意を払い無駄に殺生せず、その魚と再会できる可能性を残す為に最小限のダメージで元の世界に返してあげるべきではないだろうか。
現在釣りは、「どんな道具を使うか」「何処で釣れるか」「どうやれば釣れるか」で終わっている気がする。この最後に「どうすれば又この魚に再会出来るか」そこまでを「釣り」と考えるべきだと、そろそろ表に立って謙虚にかつ、声高に提案しなければならないと考えている。

この趣旨にご賛同頂き、ご助言頂ける諸先輩方に甘えながらの出発だが少しでも、自然のあるがままの環境維持と、いつまでもいつまでも魚と共存しながら釣りと言う趣味が続けられるよう、小さい力でしかないがやり続けたいと思っている。

決 して偉そうな事も言えないし出来ない私達の、ほんの少しの小躍りした思い出や、数多くの苦い経験から、釣り人目線で釣りのあり方を、これから始めようと考 えている方々や、今まで長く釣りをなさっている方々にも、こんな考え方や方法が有るのかと知って頂ける情報を発信し続けて行きたいと考えている。

私がフライフィッシングを始めた頃には数枚の画像と難解な文章しか無く、非常に遠回りした。
ターネットの世界の動画を使って簡単に解りやすく情報を発信すれば、兎角敷居が高いと言われがちなフライフィッシングも決して難しい釣りでない事が簡単に お解り頂けると思う。確かに他の釣りと比べると、多少のキャスティング練習や、カタカナばかりのフライフィッシング用語を覚える必要があるが、その力を借 りれば、迷走する事無く効率よく練習・学習できる。今まで「フライフィッシングに興味があるが難しそう」と二の足を踏んでいた方々にも負の先入観を持つ事 無くフライフィッシングの世界に入りやすくなると考えている。

これから始めようと思っている方々、既に始めている方々に、釣りは「何匹釣った」「こんなに大きいの釣った」「何処で釣った」等の最後に「優しくリリースした」を含めた釣りを始めて欲しいと願っている。

“今私達が変われば、子供達が変わる。子供達が変われば未来が変わる“

“ Fly Fishing Post “
代表 櫻井 秀幸