か行

解禁期間

釣りをしてかまわない期間の事。各河川・湖水等の各漁協が定めている為お問い合わせ頂きルールに則って釣りをお楽しみ下さい。

ガイド(Guide)

#1 ロッド(竿)にあるラインを通す金属の輪状の物。各メーカのロッッドアクション構築や自重を下げる為に色々なデザイン・材質の物を使用している。
#2 釣りに於いて、ポイントから釣り方、食事や交通の手配、宿泊等色々コーディネイトしてくれる人の事。

駆け上がり

川底の形状の事で、深部から浅瀬にかけてスロープ状に成っている場所をさす。魚が定位しているポイントのひとつ。

 川が高低差により流れが落ち込む寸前の場所を言う。魚が定位しているポイントのひとつ。

カットスロート(Cutthroat)

北米原産の鱒。エラ部下に奇麗な朱色が入っていて、まるでのどを切られた様に見える為この様に呼ばれている。

カディス(Caddis)

トビゲラの事。このトビゲラを模したフライ(毛針)で有名な物がエルクヘアーカディス。

カレント(Current)

水流の事。

河鱒

北米原産のサケ科の淡水魚。日本ではブルックトラウトとも呼ばれる。

トップに戻る


キープ(Keep)

釣った魚を持ち帰る為捕獲する事。無駄な殺生をしないよう必要以上にケープせず、魚に優しくリリースして欲しい。

キールフライ(Keel Fly)

鉤が上を向く様に作ったフライの事。針先が上を向く事で沈めてリトリーブ(ラインを引いてフライを動かす事)しても川底の障害物に引っかかりにくくなる。

キャスティング(Casting)

フライ(毛針)自体を、竿を使って目標の場所まで投げる一連の動作の事。キャスティングはシチュエーション、道具等で色々変わってくる。一概にこれが正しいとは言えずある程度の基本を踏まえればそれ以上は個人の好みになる。

キャタピラー(Caterpillar)

毛虫や芋虫の様な体系の昆虫の事。

キャッチ(Catch)

魚を捕る事。キャッチ&イート=魚を釣って食べる事。キャッチ&リリース=魚を釣って逃がす事。

キンク(Kink)

ラインなどが捩じれたり、折れてしまう事。

トップに戻る


クイルウイング(Quill Wing)

鳥の大羽根の事。ウェットフライのウイング部分によく使われる。

グラスホッパー(Grass Hopper)

バッタの事。夏から初秋に掛けて魚が好んで食べる。

グラファイト(Graphite)

竿の素材の一種。カーボン・炭素繊維の事。現在の竿の素材の中では軽くて耐久性に優れていると言われているが、電気を通しやすい為電線や雷には十分に注意して下さい。

グラブ(Grab)

魚がフライをくわえる事。英語の意味でひったくる・ぎゅっと掴むの意味

クリアーウォーター(Creel)

水質が良い奇麗な流れの事。

クリッパー(Clipper)

糸を切るハサミ。爪切りの様な形をしている。針先を研ぐヤスリが付いていたり、フライのアイ部分の詰まりを取り除く為の針が付属している物もある。

クリーク(Creek)

主に小川、支流の事。英国では入り江や小湾をさす事もある。

クリール(Creel)

魚を入れるカゴの事。

グレイン(Grain)

フライライン等の重さを表す単位。grと表す場合もある。
1gr = 0.064g

トップに戻る


ゲイプ(Gape)

フライフック(針)の軸と針先の間のカーブしている部分の事。フライフック(針)の種類によってこのゲイプ幅の広い物と狭い物がある。

ケーン(Cane)

竹竿を造る為に裂いた竹材の事。

トップに戻る


コーチマン(Coachman)

ピーコックをボディーの前後に巻きその間に色々なカラーのフロスを巻いたフライを指す。ドライフライや、ウェットフライ、ストリーマーにも使われ、良く釣れるパターン。特に有名な物が「ロイヤル・コーチマン」である。英語の意味は馬車の前に乗って馬を操る「御者」の事。

コック(Cock)

雄鶏の事。ハリがある為水面の表面張力を捕らえ易くドライフライでよく使われる。

コネクター(Connector)

フライラインとリーダーとを接続させるプラスチック製の物。初心者の方はよくキャスティング中に地面に当てて折ってしまうので注意が必要。

コンプリート(Complete)

タイイングマテリアルで、鳥等一羽分の事。小分けした物よりトータル的に見ると経済的だが、管理方法を誤るとカビや虫が湧くので注意。ジップロック等にキッチンペーパーと一緒に入れて防虫剤を入れ、日光の当たらないところで保管して下さい。

トップに戻る